陰イオン交換樹脂薬剤の一覧

コレバイン錠が分類されるこの薬は小腸などでの胆汁酸を吸着させる事で胆汁酸の再吸収を防ぐ事で薬効を発現させます。

 

効果・効能

・LDLコレステロール、総コレステロール(TC)値を下げる

 

 

作用機序

肝臓から胆汁酸として排泄され腸管を通り排泄される過程で、胆汁酸はかなりの割合が腸管より再吸収されます。胆汁酸を吸着する事により再吸収を防ぐ薬が陰イオン交換樹脂薬剤になります。

 

 

陽イオン交換樹脂

コレバイン錠

スポンサードリンク

陰イオン交換樹脂記事一覧

特徴コレバイン錠、コレバインミニはコレスチミドを主成分とする脂質異常症治療薬となります。分類としては陰イオン交換樹脂にあたります。服用する事で痩せるというクチコミがあるようですが、これは腸管からのコレステロールの吸収を防ぐ作用がコレバインの作用機序になるのでそれに伴うものかと思われます。適応外処方として、胆汁うっ滞が原因の掻痒に対して処方される事があります。ここ最近ではあまり処方されるのを見なくな...